文庫用ブックカバー

ハードカバー用ブックカバーに引き続き、文庫用を作成しました。

革小物 アエカナ 文庫本用ブックカバー

ハードカバーと同じように切り出します。

右側は5cmから幅を削って、今回もしおりに使えるようにしました。

革小物 アエカナ ブックカバー トコノール

切り出した革はトコノールとコバフィニッシュを使って磨きます。

革小物 アエカナ ブックカバー コバフィニッシュ

コバフィニッシュを塗ってコバを磨くと綺麗に仕上がります。

革小物 アエカナ ブックカバー ディバイダー

ディバイダーで縁から3mのところに菱目打ちで穴を開けるラインを入れます。

今回はシンプルなブックカバーなのでらくらく進めました。

革小物 アエカナ ブックカバー

菱目打ちで穴をあけ、あとは縫っていけば終わり。

今回は友人へのプレゼント用でしたので、時間優先で少し手を抜いちゃいました。

本来であれば縫い目もしっかりするように縫っていきます!

縫い目も押しつぶさず、ヘリもと落とさず、なかなか手抜き感が出てますが、プレゼントは気持ちです。

以上、文庫用ブックカバーの作り方でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>