革の質感を活かした長財布

さて、小銭入れもだいぶ作り慣れてきましたので、今度は長財布を作ってみることにします。

色々なやり方はありますが、小銭入れは別で持ち歩いているので今回はカード入れと札入れがあるだけのシンプルな財布にします。

先に見せてしまいますが完成品がこちらです。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

分厚くないのでカバンに入れやすく、お札も取り出しやすくなっています。

さて作り方ですが、小銭入れよりも当然複雑ですが、やり方は非常にシンプルです。

まず、21cm✕10cmの外側の革を4枚、カード入れ用の革、20cm✕6cmを6枚切り出します。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

21✕10の革は四隅のうち2箇所を写真の様に丸くします。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

4枚とも同じように2箇所の角を丸く仕上げます。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

次にカード入れの方ですが、こちらは6枚の内4枚を写真の様に上部1cmを残して左右の幅1cm部分を切り落とします。

これは縫い合わせる際に厚くなりすぎるのを防ぐためです。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

上手く貼り合わせると左右の革の厚さは1枚分に抑えることが出来ます。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

横からだとこんな感じです。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

6枚とも縫い合わせるとカード入れの部分だけが先に完成します。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

真ん中のラインに気をつけないと、カードがなかなか入らないガッチガチの形になってしまいます。

次は外側の革です。まずはファスナーをノリで接着します。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ ファスナー

裏表しっかり革を貼り付けます。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ ファスナー

丸みを帯びた部分はファスナーにシワを入れて、餃子の皮のようにして対応します。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ ファスナー

ファスナーの余った部分はクラッチバッグでやったとおり、くいきりで長さを調整します。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ ファスナーのあまり

くいきり

やり過ぎると後戻り出来ないので、しっかりどこまで詰めるのか事前に決めておきます。

そしてくいきりはなかなか力が必要ですし、切った止が飛び散るので部屋でやる時はやっかいです。

次にカードケース部分とファスナーと縫い合わせた外側の革の部分をしっかりノリで接着します。

接着する前に、外側の革のどちらか一方を菱目打ちで穴を開けておきます。(ファスナーを縫い合わせていない部分)。接着した後に、その部分は目打ちで穴を空ける必要があります。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

接着してしっかり縫い合わせるとこのような感じになります。コバはあえて革そのままの状態にしています。整えても良いのですがそれは好みの問題ですね。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

中はこんな感じです。お札が非常に取り出しやすい作りになっています。

奥のカードが少し取り出しにくいのが何点ですが、あまり頻繁に使わないものを奥に入れておけば問題なしです。お札がいきいきとしています。

お金を大事に扱う長財布。日々お札にも感謝が必要ですね。

革の長財布・ウォレット aekana アエカナ

 

 


革の質感を活かした長財布」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>