赤い本革のねじれペンケース

記事を書くほどではないのですが、
前回のクロムなめしとは違い、ヌメ革でねじれペンケース作成しました。

タカラ産業で購入した赤いヌメ革です。
かなり重宝してます。
今回はハギレで作成します。

あまりものの革でサクッと小物を作るのも、レザークラフトの醍醐味。
赤いヌメ革のねじれペンケース

ねじれペンケースはバネホックの組み合わせを2個使います。
赤い本革のねじれペンケースにバネホック取り付け

バネホックはこういう丸い凹みがある専用の台で打ち付ける必要があります。
バネホック打ち込み台

なにやら専門用語があった気がします。
忘れました。
表側になる部分をこの穴に合わせて、バネホック専用の打ち付けるやつで打ちます。(これも正式名称忘れました。しれべておきます)

ちょっと見難いですが下から2つめの穴ぼこにハメています。
形が合うところを選び、打ち付けるときにずれないようにするわけです。
両面カシメも打てるようになっているスグレモノです。
バネホック打ち付け

ちなみに凹凸の凸側は、裏側の平らなところを使います。
1,296円のシール張りっぱなし。
バネホック取り付け方

バネホックを取り付けるとこうなります↓
凹凸の向きにご注意。
バネホック取り付け 向きに注意

今回は裏ワザで、タカラ産業さんで購入した両面テープを使いました。
捻る部分をこれでさっさと貼り付けるとことができますよー。
両面テープはもしかしたら革用のはがしやすいものかもしれませんが、
市販のものでも大丈夫かと。自己責任でお願いします。
両面テープで革を接着

こんな感じで、糊をつけるより楽です。
場所によって使い分ければ作業効率アップです。
両面テープで革と革を貼り付け

あとはねじって貼り付けたところを穴をあけ、縫い付けていけば、赤い本革のペンケースが完成します。
シンプルですが、ねじっているのでおしゃれでプレゼントに最適です。
赤い本革のねじれペンケース完成

閉じていてもおしゃれです。
赤い本革のペンケース 閉じているところ

赤い本革ってところがまたいいです。
タカラ産業さんでは赤以外の革も、手頃な大きさでたくさん揃えられているので大変助かります。

以上、赤い本革のねじれペンケースの作り方でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>